藤原聡の島根大学の学部が判明!選んだ理由とその後の音楽への影響は

2019年に大ブレイクし、一躍有名になった「Official髭男dism」(通称:ヒゲダン)。

島根出身バンド、島根発…と「島根」の印象が強いOfficial髭男dismは、島根大学卒のメンバーが、なんと4人中3人!

その中でも、藤原聡(ボーカル)が在籍していた学部・学科が判明したので、今回お伝えします。

また、高校までの成績と、藤原聡が(東京の大学ではなく)地元島根の大学に進学した理由についても調べてみました!

スポンサーリンク

藤原聡の地元と高校時代の成績

Official髭男dismのボーカル藤原聡は、島根県の出身。

…ではなく!

お隣、鳥取県米子市の出身です。

米子市立の後藤ヶ丘中学校を卒業した後、米子東高校に進学しました。

米子東高校は、鳥取県内ではナンバー1偏差値が高い有名な進学校です。(偏差値は66〜69 ※2019時点)

すでに音楽活動を初めていたこの時期ですが、バンドに明け暮れるのではなく、学業優秀だったようです。

スポンサーリンク

藤原聡の選んだ学部・学科とは…!

さて、その後大学進学の時期となり、お隣「島根大学」に進学した藤原聡。

新社会人としての初任が銀行マンだったことから「経済学部卒業か?と」一部で勘違いされていますが、島根大学に経済学部はなく、経済学部出身ではありません

※詳しくはこちらの記事をどうぞ→

藤原聡は、島根銀行の元トップ営業マン!人柄を表す感動エピソードも

藤原聡が通っていたのは「法文学部」です。

また、学科は藤原聡本人が「勉強したかった法律と経済を学んだ」と語っていることから「法経学科」のようです。

※学部・学科の概要は「島根大学HP」からどうぞ

この頃から、バンド活動が、島根大学の広報誌にも取り上げられるなど、藤原聡のバンド(※まだ「Official髭男dism」結成前)は大学内でもかなり有名だったみたいですね!

※島根大学広報誌の元データはこちらからどうそ

スポンサーリンク

藤原聡が「島根大学」を選んだ理由

では、そもそもなぜ、藤原聡は「島根大学」を進学先として選んだのでしょうか?

音楽活動をどんどん広げていくことを考えれば、東京など都心の大学に行く方が断然有利だったはずです。

その理由は主に3つあるようでした。

(1)地元から近い

鳥取県出身の藤原聡。島根大学はもちろん島根県にあるので県内ではないのですが、鳥取県の米子市(藤原聡の出身)と島根県の松江市(島根大学のキャンパス)は、たった40km弱(車で30〜1時間以内)の距離なんですね。

一方、東京となれば車で9時間もかかる距離…

憧れの東京での大学生活と地元の関係。鳥取県に限らず、地方出身者の悩ましいところですよ。

(2)国立大学&法律・経済を学べるところに行きたかった

「島根大学」は地方大学ですが、言わずもがな国立大学の一つ。

正論のようですが、大学を選ぶ際の主目的であるべきは「何を学ぶか」ですよね。

そういう意味では、音楽を一度置いて、自分が1番学びたいと思った分野で大学を選ぶ、というのは当然の選択のようにも思えますよね。

一方、東京の大学の方は、

有名なミュージシャンが、東京のあの大学を出ているから自分も出たいな」とか、そういう理由で東京に行きたがったことはあった

という感じだったようで、学業として本当に学びたいと思っていたものではなかったようです。

(3)まだ音楽を、プロでやっていこうと本気で思っていなかった

そしておそらく最大の理由はここだと思います。

もし、本気で音楽でやっていこうと大学進学時点で決意していたら、極端な話、大学に進学だってしなくてもよかったのです。

でも、大学進学を決める時期は、まだ高校3年生。

いろんな可能性を見据えた上で「島根大学」を選んだということのようです。

スポンサーリンク

地元の大学を選んだゆえの葛藤と苦悩

このようにして「島根大学」進学を決めた、藤原聡。

しかし、そこには様々な葛藤苦悩もあったようです。

東京に出て「バンドで飯食っていくんだ」って腹をくくって上京した友達とかのライブとか音源とかを聴いていると、やっぱり遠くに行った気がしたんです。

それに比べて「自分たちは何でこの街で音楽をやっているんだろう」って思ったことは、正直めちゃくちゃありました。

休みに帰ってきた友達が、東京ではこんなことがあって、こんなバンドのライブを見に行ったとかいう話を聞いて、すごく羨ましかったという藤原聡。

自分の選択が「これでよかったんだ」と納得させようとしていた一方、腹の中では「やっぱり音楽をしたかった」という想いがすごくあったようです。

音楽を目指す夢からは遠のいたように思いながら、でも諦めず「だったら、強がった通りにやってやろうじゃないか」と音楽をすごく一生懸命やることにつながったのだと言います。

また、何と言っても、現在のメンバーとの出逢いがあり、「Official髭男dism」を結成したのは、この選択をしたからこそですよね。

強がり続けた自分に夢が追いついてきて、現実になったんじゃないかなと思っているから。

一見回り道をしつつも、結果的には、自分にとって本当に必要なものを手に入れたようです。

スポンサーリンク

舞い降りたチャンス!Official髭男dismの島根大学PV出演!

「島根大学」進学という道を選択したことは、Official髭男dism結成に至っただけではなく、さらなる幸運も連れてきてくれたようです。

「島根出身」「島根初」という異色なキャッチ

Official髭男dismが有名になったのは、もちろんその音楽性。そしてメンバーの人柄やドラマに音源が使用されたり、ということがあると思いますが、「島根出身バンド」「島根初バンド」というキャッチで話題になったことも挙げられます。

常時たくさんのミュージシャンやバンドの競合がいる中、異色感が目を引いて飛び抜けた結果になったそうです。

島根大学PVの出演

そして、島根大学卒から、ついには島根大学のPV出演を果たしました!

島根大学でPVが製作されたのは、初めてとのこと。

東京などの有名大学で何人もの有名人が卒業しているような大学であればこうはならなかったでしょうし、これほど存在がピックアップされることもなかったはずです。

逆に言えば、どれだけOfficial髭男dismが全国的な知名度・好印象を持たれているかが評価され、地元からも期待&応援されていることが分かりますね。

ちらっとだけ始まりをご紹介しましょう!

初の島根大学PVはこんな感じで始まります…

なかなかシュールな始まり方・・・(笑)

では、全編もご覧ください!!!!!

PV撮影時の裏写真などは、こちらの島根大学HPから見られます。

スポンサーリンク

藤原聡の学部が判明!島根大学を選んだ理由とその結末!大学PV出演 まとめ

音楽の多才さが評価されている「Official髭男dism」の藤原聡。

現在のブレイクに至るまでに、さまざまな回り道があったからこそ得られたものがたくさんあったようですね。

これからの活躍が期待される、Official髭男dism。応援しています!!!!!

こちらの関連記事もおすすめです→

藤原聡は、島根銀行の元トップ営業マン!人柄を表す感動エピソードも

髭男dism「島根出身バンド」は嘘?実はメンバー1人のみ松江出身

スポンサーリンク