中国批判声明「日本拒否はデマ」発覚し炎上!共同通信の誤報経緯まとめ

共同通信はデマばかり?過去のフェイクニュース(誤報)まとめ

2020.06.07
スポンサーリンク

経緯①共同通信「中国批判声明に日本が拒否」報道

以下、記事の全文。

【ワシントン共同】香港への国家安全法制の導入を巡り、中国を厳しく批判する米国や英国などの共同声明に日本政府も参加を打診されたが、拒否していたことが6日分かった。複数の関係国当局者が明らかにした。中国と関係改善を目指す日本側は欧米諸国に追随しないことで配慮を示したが、米国など関係国の間では日本の対応に失望の声が出ている。

 新型コロナの感染拡大などで当面見合わせとなった中国の習近平国家主席の国賓訪日実現に向け、中国を過度に刺激するのを回避する狙いがあるとみられる。ただ香港を巡り欧米各国が中国との対立を深める中、日本の決断は欧米諸国との亀裂を生む恐れがある。

ソース(情報元)

「複数の関係国当局者が明らかにした」となっていました。

スポンサーリンク

経緯②芸能人(サッカー本田圭佑)らが反応!日本政府批判が高まる

●天安門事件後と同じ。歴史は繰り返す。安倍”価値観外交”の終焉である。

「一国二制度」という国際公約を踏みにじり、香港での人権抑圧をさらに強化しようとする中国政府に対して、批判するのは当然。安倍政権の対応はあまりに情けない。

●歴史的大失態となる恐れあり。

※産経新聞も同様の内容の記事を発表→のちに削除

※毎日新聞は英語版にのみ掲載

※元の共同通信も英語版でも発信

スポンサーリンク

経緯③共同通信の報道がデマ(誤報)であったと判明

元の共同通信の記事では、ソース(情報元)が「複数の関係国当局者が明らかにした」となっていました。

産経新聞の記事は削除

スポンサーリンク

経緯④共同通信のこれまでのフェイクニュースに対する不信感が炎上

共同通信はデマばかり?過去のフェイクニュース(誤報)まとめ

2020.06.07

スポンサーリンク

経緯⑤政府「事実は全くない」

共同通信はデマばかり?過去のフェイクニュース(誤報)まとめ

 

スポンサーリンク