米倉涼子、夫のモラハラでスピード離婚?【顔写真】結婚後に態度が豹変?

米倉涼子には、過去2014〜2016年にかけての結婚歴があります。

たった2年間のスピード離婚となりましたが、実は結婚後の夫婦生活は「1日」で解消し、別居。

その理由は「元旦那(夫)のモラハラ」にあり、協議離婚をしていたことが分かりました。

元旦那(夫)【顔写真】、元リクルートで現在は会社経営をしている経歴と、「モラハラ」と指摘されているエピソードについて、まとめました。

スポンサーリンク

米倉涼子、事務所の猛反対を押し切って再婚?

米倉涼子さんに再婚報道が!おめでたいですね♡

※詳しくはこちらをどうぞ→

米倉涼子、結婚相手はジョニーデップ似?【動画】エロいダンス共演

米倉涼子、スピード離婚の経緯まとめ

2014年12月26日:結婚

2015年3月:別居

“夫婦生活1日”で同居を解消

2015年4月:協議離婚の準備

※8月に計画していたハワイ挙式を中止

2016年12月30日:離婚を発表

2人は結婚の前、約2年間交際していたとのこと。

にもかかわらず、結婚生活を解消したのは同居後ずか1日だったという2人。

元旦那(夫)のモラハラが原因だったという報道があります。

元旦那(夫)は、どんな人物だったのかでしょうか…?

スポンサーリンク

米倉涼子、結婚歴あり!元旦那【顔写真】プロフィール

米倉涼子の元旦那(夫)は、2歳年下の一般人で、お名前は太田靖宏(おおたやすひろ)さん。

元旦那の顔写真

さっそく、米倉涼子の元旦那(夫)のお写真がこちら。

米倉涼子は「オラオラ系の男性」がタイプとのことで、そんな感じの雰囲気ですね。

熱愛報道がスクープされたときのお写真はこちら。

スポンサーリンク

元旦那のプロフィール

元リクルート社員

米倉涼子の元旦那(夫)は、元々リクルートで勤務。

2001年に入社後、入社5年目でホットペッパーの編集長に抜擢されたほど優秀だったようです。

会社を設立、経営者に

2012年には、リクルートを退社し、株式会社ライフノートを設立。

広告やPR、イベントなどの販売促進を提案して、営業プロモーション代行する会社です。

米倉涼子の元旦那(夫)が事業を立ち上げ、代表取締役兼CEOという立場でした。

社名変更…?

現在は「ライフノート」のHPは存在せず「スタジアム」という名前の会社に移行されているようです(※設立が全く同じ日)。

この会社でも、米倉涼子の元旦那(夫)が代表取締役兼CEOになっています。

もしかしたら、米倉涼子との離婚のマイナス影響で(※モラハラが原因との報道があったので!)社名を変更したのかもしれませんね。

スポンサーリンク

米倉涼子、離婚は旦那のモラハラが原因?

彼の誠実で温かな人柄は私にとって大きな存在となり、尊敬できる大切なパートナーであることに気付かされました。

これからは、共に穏やかで温かな家庭が築けていけたらと思っております。

結婚発表のときに、こう話していた米倉涼子。

一体、何があったのでしょうか…?

離婚当初の発表

米倉涼子の(元)所属事務所からは、

「離婚の内容・詳細に関しましては、お相手の方が一般の方ということもありますので、離婚したという事実以外は何もお答えすることができません」

との説明されていました。

このときの一部報道では、同居の解消は「決定的な性格の不一致」であったことが伝えられました。

また、弁護士を通じて協議離婚が行われ、本人同士が話し合うことはなく、別々の道を歩むことになったとのことでした。

モラハラの可能性が浮上

そこに突然「米倉涼子の離婚理由は、旦那(夫)のモラハラだった」という報道が飛び込んできました。

「モラルハラスメント(精神的虐待)」とは、

モラル(道徳)が欠如した、精神的な暴力や言葉や態度による嫌がらせのこと。

一体どのようなモラハラがあったのか、報道の内容は次のようなもの。

元旦那のモラハラエピソード①「全人格否定」

元旦那(夫)はソファにあぐらをかき、米倉涼子を床に正座させて、晩中(5時間)も説教をしたそうです。

たとえば、

  • 着ている服も
  • 髪型も
  • 爪も
  • バッグも靴も全部

米倉涼子の全てを否定し続けたとのこと。

米倉涼子

さらに、交友関係についても、

  • お前は常識を知らない
  • 付き合ってる人間も普通じゃない
  • そういう世界に生きてきたから変なんだ

という人格否定もあったそうです。

元旦那のモラハラエピソード②「頭を叩く・首を絞める」

これは「モラハラ」ではなく、完全な「暴力(DV)」ですよね。

六本木のクラブで開催された大晦日のカウントダウン・パーティで、元旦那(夫)が米倉涼子の首を絞める様子が目撃されていたようです。

「途中で酔った旦那さんが、何かの拍子に怒って。飾り付けのバルーンで彼女の頭を叩き出したんです。

ふざけてじゃれ合ってるだけだと思ったのですが、そのうち旦那さんが米倉さんの首を絞め出した。

引用元:週刊文春

周囲は唖然としていたようですが、酔っているときに怒って暴力を振るい出したというのが事実であれば、かなり怖いですよね。

公共の場であったというのことは、家の中で二人きりのときでもこのような暴力があった可能性は高いのではないでしょうか?

となると、同居後すぐに米倉涼子が家を飛び出した、というスピード離婚の経緯も納得がいく気がします。

元旦那のモラハラエピソード③「接待要員としての女優」

元旦那(夫)は、米倉涼子を「接待要員」として仕事の取引先や食事会に同伴させていたそうです。

最初は米倉さんも苦笑いして許していたが、毎回毎回だと我慢ができなくなった。

(引用元:女性自身)

米倉涼子

また元旦那(夫)は、

  • キャバ嬢に「俺は米倉のダンナ」と自慢しまくっていた
  • 米倉の旦那という肩書きを名刺がわりに、人脈作りに励んでいた

という情報もあります。

米倉涼子と交際していたときに、元旦那(夫)は自分の会社を設立しているので、米倉涼子の知名度を利用して仕事を取ろうとしていた面があったのかもしれません。

元旦那のモラハラエピソード④「すべてに男の匂いがするから捨てろ」

新居に引越しする際に、元旦那(夫)は米倉涼子に対し、

「このコップも誰が使ったか分からない。あるものすべてに男の匂いがするから捨てろ!」

そう怒鳴り散らしたそうです。

他にも、束縛・嫉妬が激しかったようで、

  • 「かならず深夜◯時までに帰って来い」と門限の命令
  • 「女がそんな時間までべろんべろんになって、お前はアル中か。飲まずにいられないのか」と激怒

他にも、米倉涼子の元彼とされる市川海老蔵のことでも度々口論になってたそうです。

※同じくモラハラが離婚原因と疑われる小倉優子→

小倉優子、男運なさすぎ?【男性遍歴】がケタ違いにヤバいと話題

スポンサーリンク

スピード離婚の裏事情

このように、離婚発表当初は明らかにされていなかったものの「元旦那(夫)のモラハラ」が原因ではないかとという報道が広がりました。

またその理由は「離婚理由を公にしないこと」という条件で協議離婚が成立したためだとも言われています。

米倉涼子の元旦那(夫)は、自分で会社を運営する経営者ですから「モラハラ」というマイナスイメージは絶対に避けたいところですよね。

2人は約2年間の交際期間があったものの、結婚後、旦那(夫)の態度が変わり横暴になった、ということでした。

これも事実だとすれば、やはり「モラハラ加害者」の特徴そのものですよね。。

真相はどうなんでしょうか…?

スポンサーリンク

米倉涼子、イメージとは違う性格とは?

イメージは演出?

女優・米倉涼子といえば「サバサバしていて、カッコいい女性」の代表、というイメージがありますよね。

プライベートで、モラハラの被害に合っていたなんて、なかなか想像がつかない部分もあります。。

しかしこれは、ドラマの役柄に合わせた、キャラクター設定によるイメージだとも言われています。

本当の性格は真逆?

実際は、米倉涼子の周りの関係者は、

芯が強いイメージだが、相手に対して怒れないタイプ

●実はもの凄く小心者で、人見知り

●姉御肌というより、甘えっ子

と証言しているようで、本当の米倉涼子の性格は、テレビの中で演じているキャラクターとは違うのかもしれませんね。

スポンサーリンク

米倉涼子、夫のモラハラでスピード離婚?【顔写真】結婚後に態度豹変 まとめ

いろんな経験を乗り越えて、再婚予定だという米倉涼子。

今度こそ、幸せをつかんでほしいですね!

米倉涼子の再婚相手については、こちらをどうぞ→

米倉涼子、結婚相手はジョニーデップ似?【動画】エロいダンス共演

最後までお読みいただき、ありがとうございました!♡

スポンサーリンク
スポンサーリンク