谷岡アナが再婚!桑田アナとの離婚から2年待たずの再婚理由がヤバい

フジテレビの谷岡慎一アナウンサーが、離婚から2年を待たず、再婚していたことが分かりました。

前回もわずか1年でのスピード離婚となったわけですが、どうやら今回のスピード再婚の理由は、前回の離婚理由に大きく関係している可能性が高そうです。

相手の女性についても調査してみました!

スポンサーリンク

谷岡慎一アナウンサーが再婚!

2020年6月2日放送の「ノンストップ!」で、11月に挙式を控えていることを公表。

すでに再婚していたことが明らかになりました。

バナナマンの設楽統から「また?」と大声で突っ込まれる場面も。

過去の結婚歴

2017年5月30日:結婚
2018年5月30日:スピード離婚

2020年3月:再婚

スポンサーリンク

再婚相手はどんな人?

(引用元:ワコール)

お相手については、20代の一般女性とのこと。

※谷岡慎一アナウンサーは、再婚時33歳。

のちに詳しく説明しますが、元嫁とは「子作りへの価値観の違い」で離婚したとも言われています。

なので、子供が欲しかった谷岡慎一アナウンサーは、子供を作るため「また!?」と言われるスピード再婚になったのではないでしょうか?

(もしくは後に紹介しますが、授かり婚の可能性も)

スポンサーリンク

元嫁はNHKの桑子真帆アナウンサー

(引用元:日刊現代デジタル)

谷岡慎一アナウンサーがスピード離婚した初婚のお相手は、NHKの桑子真帆アナウンサー。

2人は、局は違うものの2010年の同期入社。

桑子アナが東京に異動になった2015から交際がスタート。

2年後の2017年5月30日に結婚しています。

谷岡アナは、婚約指輪を造花の赤いバラに隠してプロポーズしたなどの話を明かしていました。

さらに入籍が桑子アナの誕生日であったことから「バースデー婚」とも言われていました。

ただ、挙式、披露宴はしていなかったようですね。

NHKの桑子真帆アナウンサー経歴

1987年5月30日生まれ
川崎市出身
東京外大ロシア・東欧課程(チェコ語専攻)を卒業

2015年4月から『ブラタモリ』のアシスタントを務め人気になり「第68回NHK紅白歌合戦」総合司会や、平昌五輪の開会式中継などの大役を任されるように。

スポンサーリンク

スピード離婚の原因は?

結婚生活たった1年のスピード離婚。

公式な離婚理由は「多忙によるすれ違い」となっています。

「独身のときのようにゆっくり食事やドライブに行けなくなった。最初のうちは一緒に晩酌を楽しんだりしていましたが、一緒の時間をなかなか持てなくなり心が離れたようです」(引用元:サンスポ)

仕事最優先の日々が結果として、お互いの間に埋められない溝を生んでしまった…と報じられていましたが、本当の離婚理由は別のところにあるのではないかと言われていました。

子作りの価値観の違い

(引用元:サンスポ)

2人の本当の離婚理由は「子作りの価値観の違い」ではないか、とする説も出回りました。

というのも、谷岡慎一アナウンサーの方ははやく子供がほしかったそうです。

「高校時代に野球をしていたことからも、子どもが生まれたら一緒に野球をしたい」といつも話していたそう。

しかし、妻・桑子真帆アナウンサーの方は仕事が順調で「もう少し待ってほしい」と子作りを拒否していた、という情報も。

そしてそのため、谷岡アナはその反動で合コン三昧に…?

「たまに奥さんと会える夜でも“子づくりを拒否される”ってボヤいてました。彼女が産休したくないと……」(別のフジテレビ関係者)

だからだろうか、寂しさを紛らわせる谷岡のある姿が目撃されていた。

「彼はよく合コンしていましたよ。今年に入ってからは、特に回数が多くなったような……。まあ、気がきくやつなので、女性にはモテましたよ。奥さんに相手にされないし、そりゃしかたないですよ」(引用元:週刊女性PRIME)

再婚相手は20代の一般女性ということで、合コン相手とデキ婚の可能性も…?

結婚における「子供」の存在は、離婚理由としては大きいですよね。。

現在は小澤征悦との熱愛発覚!

(引用元:news-postseven)

2020年4月には、小澤征悦との交際がスクープ!

2019年(離婚の翌年)から交際が始まって、自宅での“お泊りデート”を楽しんでいると報じられました。

小澤征悦は、杏や滝川クリステルが取り合ったほどのモテ男として有名ですから、桑田アナは「家庭」に縛られない自由な関係を望んでいるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

谷岡アナが再婚!桑田アナとの離婚から2年待たずの再婚理由がヤバい!まとめ

(引用元:refinelifekaz)

わずか1年でのスピード離婚でしたが、2人とも離婚から1・2年で次の交際相手そして再婚へ。

別々の幸せな道へとすでに歩みを進めているようです!

スポンサーリンク