清野菜名の身体能力(アクション演技)がヤバすぎる【動画】まとめ

[kanren postid=”10794″]

清野菜名は中学生からスゴい身体能力の持ち主だった

現在では「アクションが得意な若手女優」としても知られている清野菜名。

そのルーツを調べてみると、子供の頃から身体能力バツグンだったようです。

中学生

すでに中学生のときには、バク転を習得していたという清野菜名。

しかも体操教室などに通っていたというわけではなく、中学の体育の授業でマット運動をやっていたものの、あまりに簡単でやることがなくなってしまったために、体育の先生にバク転を教えてもらって習得したそうです。

ちなみに、中学時代にバスケットボール部と陸上部をかけ持ち。

走り高跳びでは、全国大会に出場した経験もあるそうです。

高校生

そして高校生の時に見た「バイオハザード」の中に出てくるミラ・ジョヴォビッチのアクション演技、壁を蹴ってバク宙するシーンに憧れを抱く。

自分もできるようになりたいと、アクション養成所に1年通っていたそうです。

最優秀アクション女優賞

ドラマ「今日から俺は」

そして、2019年にはJAPAN ACTION AWARDSで「最優秀アクション女優賞」を獲得するまでに!

それでは、清野菜名の華麗なる身体能力がよく分かる動画を見ていきましょう!最後には、この身体能力を活かしたアクションシーンがあるドラマもご紹介します。

【動画】清野菜名の身体能力がヤバい!①

 

この投稿をInstagramで見る

 

久々すぎて恐怖心 重い。楽しかったです🙋🏿 #ATT

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿 –

【動画】清野菜名の身体能力がヤバい!②

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ATT おつかれーらいす

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿 –

【動画】清野菜名の身体能力がヤバい!③

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ATT

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

1年半ぶりの#ATT

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿 –

アクション演技のドラマ一覧

現在では「アクションが得意な若手女優」としても知られている清野菜名。

その身体能力を活かして活躍を広げた役・ドラマをご紹介します!

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

同じく身体能力が高いことで有名な横浜流星とW主演。

驚異的な身体能力を持つ謎の女“ミスパンダ”に扮する役で2人のアクション演技は注目を集めました!

今日から俺は

こちらの作品で、清野菜名は、JAPAN ACTION AWARDS 2019 最優秀アクション女優賞を受賞!

全て自ら行なったとされるアクション演技が高く評価されました。

清野菜名のアクションに賞賛の声

理子役の清野さんがみせたアクションシーンに「身体能力ハンパないのは知ってたけど女子の規格外」「かわいいのに強くて…。もう惚気全開」など賞賛の声が集まる(引用元:Cinema Cafe)

CMアクエリアス

ウロボロス

こちら結婚相手、生田斗真との出会いになった共演ドラマ。

副音声バージョンの動画ですが、小栗旬が、清野菜名の身体能力の高さがゆえに、このシーンが追加された裏話を話しています!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!♡

https://jewelry-life.com/ikutatoma-marriage/