箕輪厚介【セクハラ炎上】時系列で経緯まとめ!今回も炎上商法?

スポンサーリンク

5/16 文集砲①女性ライターへのセクハラ騒動

2016年12月頃、幻冬舎の編集者・箕輪厚介が女性ライターに、エイベックス会長松浦勝人の自伝本の取材・執筆を依頼。

女性ライターは約2カ月で約10万字の原稿を書き上げたものの、結局は自伝は出版されず、原稿料が支払われることはありませんでした。

そして制作過程で箕輪厚介が女性ライターに対して行ったセクハラ行為が明らかになりました。

箕輪厚介は2010年に結婚している既婚者(子供2人)。

メッセージの内容①

文春オンラインにて公開された、セクハラ発言とされるやり取りの一部です。

(引用元:文春オンライン)

「明日■ちゃんち行きたい」
「絶対変なことしないから」

などのメッセージを送っていたことが明らかになりました。

実際に…

箕輪さんは家にあがってこたつに腰を落ち着けるなり、『触っていいですか?』『キスしませんか?』とくっついてきて、いくら拒もうと強引に体を触ってきたのです。本当にやめてほしくて、『無理です、もう帰ってください』と強引に家から追い出しました。(引用元:文春オンライン)

メッセージの内容②

(引用元:文春オンライン)

「キスしたい」
「ふれあいたい」

女性ライターの発言

編集者とライターという圧倒的な立場の差がありますから、強くは断れませんでした。それまでにも下ネタのやりとりはありましたが、その程度ならよかった。でも自宅へ押しかけたり、体を無理やり触るのは一線を越えています。当時は松浦さんの自伝本を仕上げるために関係を悪くするわけにはいかなかったので“ネタ”にしてやりすごしましたが、やっぱりおかしいですよね。ギャラの件もセクハラの件も、私がいつでも切り捨てられるフリーのライターだと思っていたからできたことなんでしょう。(引用元:文春オンライン)

スポンサーリンク

5/19 ホリエモンの『東京改造計画』宣伝開始

セクハラ騒動には言及せず、ホリエモンの『東京改造計画』PRを開始。

スポンサーリンク

5/19 謎の「トラップ」発言

詳しい説明はなく意味深なツイート。

このセクハラ騒動に関係しているかは結局分かりませんでしたが、翌朝にはツイート自体が削除されていました。

スポンサーリンク

5/20 オンラインサロン「箕輪編集室」配信

箕輪厚介は、オンラインサロン「箕輪編集室」を主催。

会員への発信で以下のような発言をしていました。

《何がセクハラだよボケ。あいつが一番キチガイじゃねえか》

《相手の女性の異常性》
《その人はちょっと異常な人》

(引用元:文春オンライン)

《(炎上は)出版人の嫉妬だよね》
《嫉妬されても申し訳ないっつーか、実力が違いすぎるんだよ》

(引用元:文春オンライン)

《俺のやった罪ってそんな重くないだろ》
《世の中ってクズだなって思う》

《反省はしないです》
《ふざけんなバーカ》

(引用元:文春オンライン)

こちら一部実際の発言が観れる【動画】になります(公開されたのは5/30)→

スポンサーリンク

5/25 箕輪編集室のメンバー続々退会?

オンラインサロン「箕輪編集室」のメンバーだったという女性が、今回の騒動を受け退会する旨のnoteを公表。

  • NoはNoなんです。嫌よ嫌よは嫌なんです。
  • セクシュアルハラスメントは、立派な性暴力です。
  • ご自分の権力に自覚的になってください。

などのメッセージを発信。

スポンサーリンク

5/27 謝罪文掲載

オンラインサロン「箕輪編集室」のFacebook非公開グループに謝罪の文章を投稿。

文春の記事では「さらなる退会者を防ぐ目的か?」とされています。

《報道について

みなさん、心配や不快な思いをさせてごめんなさい。

(中略)

妻帯者でありながら、あのような行動をして、軽率であったと反省してます。編集者とライターという力の差を利用しているという認識が当時はありませんでしたが、そのように受け取られる立場にいるという自覚を持たなければいけませんでした。

この案件は、ライターさんの人脈によって成立してるものであり、僕はライターさんを決める強い立場にはありませんでしたが、自分の今までの甘い認識を改めなくてはいけないと、強く強く反省しています。

僕の生き方自体を改めます。全く理解が足りませんでした。

僕は一貫して女性に対しだらしないのは事実で、今までの人生で、距離感などを間違えていたと思います。あのスクショのようなメッセはよくしてました。お恥ずかしいかぎりです》

スポンサーリンク

5/29 ツイッター「死にたい」発言

そして「死にたい」と言うツイート。

こちらも、今回のセクハラ騒動と直接関係があるかは不明。

心配する声があった一方、作為的では?とする声もありました。

本音?冗談?

過去のツイッター「死にたい」発言

箕輪厚介は、これまでにも「死にたい」とよくツイートしていたようです。

以下数え切れないほど多数。

スポンサーリンク

5/30 文集砲②「何がセクハラだよボケ」「俺の罪って重くない」「反省してない」発言

こちらの文春の記事により、オンラインサロン「箕輪編集室」での発言内容が、一般の人にも明らかになりました。

スポンサーリンク

6/8 編集長退任・テレビ出演自粛の報告

「死にたい」と記した5月29日以来のツイッター投稿。

一連の問題で不快な思いをさせ申し訳ございません。

僕自身、一般常識を欠き、傲慢な人間になっていたことを自覚し、深く反省しております。

今回の件に対する自分なりのけじめとして、テレビ番組出演等の活動を自粛致します。またニューズピックスブック編集長を退任致します。ニューズピックスブックは既刊の『東京改造計画』を最後に終了します。

これまで支えてくださったみなさま、心からありがとうございました。また直接ご説明できずに申し訳ございません。

いま一度自分の人生を見つめ直し、精進して参ります。

箕輪厚介

スポンサーリンク

みんなの反応は?これはまた炎上商法?

(引用元:cinra.net)

女性ライター側にも問題ある?

スポンサーリンク
スポンサーリンク