JO1【解散】可能性|闇に潜む予想外のリスクがヤバかった

JO1が、解散するかもしれない…

信じたくはないけれど、そのようながささやかれ続けている事実。

その噂の背景には、様々なJO1解散にまつわるリスクがあったのです。

残念ながら、JO1が解散の可能性が高いとされる要因5つ、そして、JO1は絶対に解散しない!」とする根拠について、まとめました。

JO1批判の裏側にある闇…

JO1

JO1が解散する可能性が高いとされる理由。

それは様々な方向からのリスクの指摘があるからです。

それでは1つずつ見ていきましょう。

K-POPファンからの批判

JO1のデビューMVが公開された際、韓国の音楽ファンの一部から、このような批判の声が相次ぎました。

「韓国(K-POP)のパクリではないか!!(怒)」

韓国メディアでも、

“K-POP”を主な武器としたアイドルグループ

日本人を”韓国グループ”のように包装し、広報してる

K-POPの成功戦略を真似る姿

として強い批判の報道がなされました。

また、オーディションの過程で、韓国から参加していた練習生が3人も辞退したことも、韓国側がJO1に厳しい目を向けることと関係しているのかもしれないとのことです。

(引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20200218-00162150/)

このように、韓国側やK-POPファンに、JO1を敵視(アンチ)する見方は、思っている以上に多く存在するようです。

※JO1のデビューMVの映像をご覧になりたい方は、こちら→

ジャニーズ事務所からの圧力

さらに懸念されるのが、現在の日本の男性アイドル界に君臨する「ジャニーズ事務所」の存在。

一部では、ジャニーズ事務所は、他のアイドルグループを台頭させないようにテレビなどのメディアに圧力をかけ潰しているというも聞かれます。

どこまで本当なのでしょうか…?

※詳しくはこちらの記事にまとめてあります→

あわせて読みたい
JO1事務所vsジャニーズ【アイドル抗争】激化!ヤバイ裏の闇とは part①
JO1事務所vsジャニーズ【アイドル抗争】激化!ヤバイ裏の闇とは part①韓国オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』の合格者11人で結成された、JO1(ジェイオーワン)。JO1の事務所は『LAPONE(ラポネ) ENTERTAINMENT』に決まったとのこと...

JO1メンバー炎上

JO1

さらに、JO1のメンバーにはいくつかの問題報道が出てしまっていました。

●川尻蓮の未成年飲酒疑惑

佐藤景瑚の禁止のSNSで投稿疑惑

金城碧海の未成年飲酒

また、それ以外にも、JO1メンバーの元カノなど、熱愛系に関する噂も度々流出。

●川西拓実の元カノとのツーショット写真

●佐藤景瑚のキスしてるプリクラ

●河野純喜の元カノ

その都度、炎上騒動が起こってしまっています。

不正に対する消えぬ疑惑

JO1が結成された韓国のオーディション番組【Produce 101】。

この番組は、韓国が本家。絶大な人気を誇る番組でした。

【Produce 101】という番組の概要を詳しく知りたい方は、こちらの記事がオススメです→

しかし、2019年に投票操作疑惑が浮上しました。

警察捜査の末、

Produce 101】シーズン3・4は、番組制作スタッフ2名(プロデューサーとチーフプロデューサー)が、芸能事務所からの賄賂により、メンバーが選んでいたという事実が発覚しました。

つまり、Produce 101】のメインコンセプトである、国民投票の結果ではなかったということです。

※最終的には、逮捕という事態にまで至りました。

その間(後)、日本で開催された【Produce 101 JAPAN】の運営母体は、問題があった韓国の会社ではなく、日本独自とされています。

しかしながら、このような騒動があったことで、疑惑が常に付きまとうことは避けられない事実なのです。

これまでの【Produce 101】グループ解散

そして、さらにこれまでの【Produce 101】で結成されたアイドルグループの、数々の解散の歴史…

詳しくは、次の章で見ていきます。

これまでの【Produce 101】グループ解散の悲劇

 Produce 101

さらに、ファンの間で1番の不安要素となってるのが、これまでの【Produce 101】で結成されたアイドルグループの解散の歴史。

どのグループも、国民投票から選ばれメンバーで結成され、人気がなかった訳ではありません。

※一部不正が発覚しています。

むしろ、絶大な人気を誇っていたにも関わらず、解散に至ったグループもありました。

それでは、これまでの【Produce 101】グループの活動期間と解散について見ていきましょう。

※JO1が結成されたオーディション番組【Produce 101】については、こちらの記事を→

シーズン1【I.O.I】

シーズン1で結成された『I.O.I(ワンオーワン)』

活動期間:2016年5月~2017年1月

I.O.Iは、絶大な人気を誇り、あらゆる番組に引っ張りだこだったにも関わらず、デビューからたったの約8カ月後、解散に至りました。

シーズン2【Wanna One

シーズン2で結成されたのはWanna One(ワナワン)』

活動期間:2017年8月~2019年1月

Wanna Oneは「新人賞」や「ベストアーティスト賞」など多くの賞を総なめするほどの勢いがあったグループでしたが、デビューから約1年5カ月後、解散に至りました

シーズン3【IZ*ONE】

シーズン3で結成されたのは、日韓ガールズグループ『IZ*ONE』

活動期間は、2018年10月29日から2021年4月までの2年6か月。

…とされていましたが!

2019年11月に「IZ*ONE」が結成された番組『PRODUCE 48』の不正投票疑惑が浮上したため、その後予定していた軒並みのスケジュール(CD発売、ドキュメンタリー映画公開、イベントなど)が中止や延期となってしまいました。

12月30日になって「IZ*ONE」の活動が再開されることが発表されています。

シーズン4【X1】

シーズン4で結成されたのは『X1』

活動期間は、なんと過去最長の5年
(グループ活動2年6カ月とグループ兼任の個人活動2年6カ月)

しかしながら…

「IZ*ONE」と同様、不正投票疑惑が浮上したため、また「X1」はその不正の直接の影響があったとされるため、多くのファンに惜しまれながらも、たったの約4カ月という活動期間で解散することになりました。

この予期せぬ突然の解散に、ファンたちは動揺を隠しきれませんでした。

JO1は絶対に解散しない理由

JO1

ここまで、JO1が解散する可能性についてまとめましたが、これらはあくまでも、考えうるリスク

実際は…というと、

JO1が解散する可能性は限りなく0(ゼロ)に近いと考えられています。

その根拠となるポイントを見ていきましょう。

(番組内で)活動期間の条件なし

これまで【Produce 101】で結成されたグループが、次々と解散してきたのは、これまでは番組で “必ず解散することが決まっていた” から。

オーディションの設定として、期間限定の活動であることが、番組放送当初からあったということです。

その期間限定の活動期間も、

『I.O.I(ワンオーワン)』約8カ月
『Wanna One(ワナワン)』約1年5カ月
『IZ*ONE(アイズワン)』約2年6か月
『X1(エックスワン)』5年 ※ただし不正疑惑で約4カ月に

このように【Produce 101】の番組の人気と共に、徐々に長くなっていました。

そして、初の日本開催となる今回の【Produce 101 JAPAN】

今回のオーディションに関しては、活動期間が設けられていませんでした。

後になって「JO1の活動期間は、実は〇〇年で、もう解散します!」とは、まずなり得ません。そんなことになれば国民投票をしたファンが納得しないのは明白です。

ここが最大のポイントとなるところです。

再結成の道

これまで紹介したグループには、人気絶頂だったにも関わらず、【Produce101】という番組での条件から、解散を余儀なくされたグループがいくつもありました。

そのうちの1つ『I.O.I(ワンオーワン)』

『I.O.I』は、一度は解散したものの、その後2人メンバーを除いた9人で、再結成が決定しました。

このように、万が一!万が一、解散ということになっても、人気意思さえあれば、このような選択肢も残されているわけです。

『X1』と『JO1』の違い

不正投票疑惑で、予定よりもかなり前倒しで急遽、解散ということになった「X1」

この「X1」が結成されたのも「JO1」が結成されたのも、同じオーデイション番組である【Produce 101】です。

しかし、生まれとなるオーディションは同じですが、「X1」と「JO1」では、所属事務所”も、デビュー後の”運営主体”も全く違うところということなります。

※次に続きます。

JO1の所属事務所『LAPONE  ENTERTAINMENT』の策略

JO1の所属事務所『LAPONE  ENTERTAINMENT』という会社。

※『LAPONE  ENTERTAINMENT』については、こちらの記事を→

あわせて読みたい
JO1事務所【LAPONE(ラポネ)】韓国の会社?吉本との関係は?
JO1事務所【LAPONE(ラポネ)】韓国の会社?吉本との関係は?韓国オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』の合格者11人で結成された、JO1(ジェイオーワン)。グループメンバーは全員日本人ですが、韓国の番組から生まれたグルー...

実は、この会社。令和元年5月に設立されたばかりの会社。

というのも、

この会社は、JO1にために設立された

そう言っても過言ではない会社なのです。

JO1

所属アーティストは、現時点で「JO1」のみ。
(※2020年3月2日時点)

なので、万が一JO1が解散…ということになれば、『LAPONE  ENTERTAINMENT』の所属アーティストは、まさかの0(ゼロ)。

そんな事態を、会社自らが望んで決断する理由はないため、JO1が解散する可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

(これまで、メンバーによる未成年飲酒などの問題報道があっても、クビにならなかったのも、こういう事務所背景が関係していると考えられています)

海外で活躍するアイドルグループ

また、JO1の所属事務所である『LAPONE  ENTERTAINMENT』は、これからのJO1の売り出しに向けて、このように公言しています。

JO1を、日本国内のみならず、世界的に知名度を高める

世界中で活躍するアイドルに育て上げるとすれば、数ヶ月や1年といった期間で、先を見据えていないはずです。

このように、所属事務所側としては、長期的な戦略を元に、動きだしているという事実があります。

JO1メンバーの意思による解散の可能性は…?

それでは、最後に。

番組上、期間限定の活動期間というものも設けられていない。

●JO1の所属事務所側から、解散という方向性になることはない。

…となれば、残されたリスクは、ただ1つ。

JO1メンバーの意思による「解散」の可能性のみとなります。

では、果たして、JO1メンバーの意思による「解散」の可能性はどのくらいあるでしょう…?

それは、あり得ない。

間違えなくそう言えると思います。

なぜなら、

彼らは、自分の意思で、このオーデイションに参加し、

厳しい様々な試練を乗り越え、

去っていた仲間の想いを背負い、

自分のことを信じ、応援してくれた投票の重みを背負い、

デビューまでたどり着いた11人だからです。

残念なことに、近年では「え!?この人が」と思うような前線で活躍するアイドルグループが解散したり、事務所を退所したりというニュースが続いていますよね。

でも、JO1は、ここまでたどり着くまでの全てが違います。

そんな彼らが、自らの意思で「解散」を選ぶ可能性がどのくらいあるでしょうか?

私たちJAM(JO1ファンの愛称)にできることは、彼らを信じて応援し続けること。

それ以外にはないと思います。

まとめ

最後にこちらのtwitterを引用して終わりにしたいと思います^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました!♡

これからもJO1、応援していきましょう!!