氷川きよし【動画】Mステで「ボヘミアン・ラプソディー」熱唱!反響は?

2020年6月5日放送の「ミュージックステーション(=Mステ)」で氷川きよしが、QUEENの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」の日本語版を熱唱しました。

【動画】とこの曲をカバーすることにした理由や、みんなの反響をご紹介します。

【動画】「ボヘミアンラプソディ」熱唱@Mステ

動画は①と②の両方お聴きください→

では、氷川きよしはなぜ、この曲をカバーすることにしたのでしょうか?

「ボヘミアンラプソディ」選曲の理由は?

QUEENフレディとの共通点

今回、氷川きよしがQUEENの曲を歌ったのは、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観たことがきっかけ。

QUEENのボーカルであり、映画の主人公だったフレディ・マーキュリーの人生を目の当たりにし、強く感じるものがあったそうです。

世界中の多くの人に愛されて、たくさんヒット曲も生まれた大スターだけど、人間としてすごく孤独感を抱いて、生きてきたんだな

その中でも特に、映画の中で歌われていた「ボヘミアン・ラプソディ」の歌詞を日本語字幕で目にしたときに、この意味を伝えたいと思ったそうです。

「フレディがどんな思いで苦悩しながら生きてきたか、その45年という短い人生をちゃんと伝えていかなくてはいけない」それが、今回のカバーに至った理由だったそうです。

氷川きよしの「ボヘミアンラプソディ」をMステで熱唱。

みんなの反応はどうだったのでしょうか?

みんなの反響は?

歌声もさることながら、表情、衣装、演出などにも注目が集まったようでした。

それでは最後に、同じ曲「ボヘミアン・ラプソディー」をコンサートで歌っている時の別バージョンの動画をご紹介して終わりにしたいと思います。

【動画】氷川きよし・スペシャルコンサート2019 での「ボヘミアンラプソディ」

最後に別バージョンの「ボヘミアンラプソディ」です→

最後までお読みいただき、ありがとうございました!♡