【動画】タイの反政府デモでとっとこハム太郎の替え歌が!理由が思った以上に深かった…!

タイの反政府デモで「とっとこハム太郎」の替え歌が使われている【動画】と替え歌の歌詞(コール)をご紹介。

でもそもそも、なぜ「とっとこハム太郎」が政府抗議デモに使用されたのでしょうか?その理由についてもご紹介します。

タイの政府抗議デモで「とっとこハム太郎」が象徴に

現在タイで行われている反政府デモの象徴に、なぜか日本のアニメ「とっとこハム太郎」が使われているという不思議な現象が。

デモに参加している若者たちが「とっとこハム太郎」のグッズを持ち参加していたり、「とっとこハム太郎」のテーマソングを替え歌で歌いながら、民主記念塔の周りをぐるぐると回っているとのこと。

民主記念塔(タイ)

民主主義の象徴、ここの周りで「とっとこハム太郎」のテーマソングを替え歌で歌いながらデモ→

J. Pledentaro | #วิ่งกันนะแฮมทาโร่

【動画】「とっとこハム太郎」のタイ語替え歌ver.

他の動画でも→

タイ語のコールになっていますが、あの「とっとこハム太郎」のメロディーとコールなのがよく分かりますね!

【動画】元ネタ

こちらが元ネタとなっている、日本語バージョンのとっとこハム太郎主題歌。

正式名称は「ハム太郎とっとこうた」で、2000年にアニメ放送がされていた頃のオープニングソング。懐かしいですね!

歌詞

とっとこ〜走るよハム太郎
すみっこ〜走るよ
ハム太郎
だ〜いすきなのは〜 (はい、せーの!)
み〜んなの税金〜(解散!解散!解散!)
※元は:ひまわりの種

走る時だ、民主主義のために走れ走れハム太郎

とっとこ〜眠るよハム太郎
議会で〜眠るよ
ハム太郎
※元は:どこでも眠るよ
だ〜いすきなのは〜 (はい、せーの!)
み〜んなの税金〜(解散!解散!解散!)

走る時だ、民主主義のために走れ走れハム太郎

このように、タイの政治家を風刺する歌詞となっているようです。

twitter

なぜ「とっとこハム太郎」がタイの反政府デモの象徴に?

でhそもそも、なぜ「とっとこハム太郎」が政府抗議デモに使用されたのでしょうか?

理由①

デモの数日前、タイの有名高校での抗議活動で、生徒が「とっとこハム太郎」の主題歌の替え歌を合唱。この映像がかなりバズった。ハッシュタグ、#วิ่งกันนะแฮมทาโร่ (一緒に走ろうハム太郎)も拡散。

理由②

7月26日(日)、タイのネット民が集まり民主記念塔の周りをこの歌を歌いながらぐるぐる走って回った。 今回のデモに参加しているのが、タイ語版ハム太郎を馴染んでいる世代の若者(10~20代)がメインで、耳馴染みのあるメロディーと共にさらに定着。

理由③

コロナの異常事態宣言中、集会が法律で禁止されているため「デモらしくないデモ」のためにアイデアが生まれた。キャラクターも歌も可愛く、暴力的でない形で軍事政権をバカに。

理由④

タイ国民を「ケージの中で飼われ、自由のないハムスター」に例えた風刺。「ハムスターの皆さんを自由にしたくて、この歌を選びました」と話しているリーダーもいるとのこと。

みんなの反応は?

twitter