後藤輝樹の政見放送【動画】NG用語連発でも正論との声も…?

2016年の東京都知事選にも出馬した、後藤輝樹。

当時、政見放送で放送禁止用語を多発する放送事故が話題ともなりました。

しかし、2020年の出馬も表明し、過去の政見放送を改めて見た人からは、意外にも今となっては後藤輝樹の過去の発言が全部正しかったと評価が高いようで…?

そんな後藤輝樹の【動画】政見放送と発言をまとめました。

スポンサーリンク

【動画】政治判断について

「ここまで来たら引き返せないとかクソみたいなメンツとか責任とか批判とか気にすんな」 「負の遺産になってしまうならやめる勇気も必要。未だに日本人はひとつの方向に向かうと皆それに突き進んじゃう」

スポンサーリンク

【動画】オリンピックについて

「なんのためのオリンピック?1番大事なのは、日本国家国民のために、なるかどうかってことじゃん」

スポンサーリンク

【動画】イジメについて

「お前らがやっているのは人を潰すための批判。叩くなら人を更生するために叩け」

スポンサーリンク

【動画】後藤輝樹の独特すぎる政見放送…

政見放送本編の開始直前に「公職選挙法第150条の2の規定を踏まえて音声を一部削除しています」とのナレーションとテロップが流れ、本編では音声がたびたび消されている「ぶつ切り」状態だったそうです。

スポンサーリンク