中元みずき、2017年カラオケバトルで優勝逃すも「苦労人」と好印象

ディズニー初となる『アナ雪2』の日本版エンディング・テーマに、
デビュー前新人として抜擢された、中元みずき

アメリカのディズニー本社に乗り込んで、この座を見事Getしたとのことで、
実力はディズニーのお墨付きながら、まだまだ知名度は低いですよね。

そんな中元みずきですが、メジャーデビュー前ということもあって、
全国テレビ出演したのは、唯一カラオケバトルと「音楽チャンプ」。

今回は「カラオケバトル」での結果や評価から、中元みずきの日本での実績と評判についてまとめてみました。

スポンサーリンク

「THEカラオケ☆バトルSP U-18歌うま甲子園」出場

テレビ東京の人気番組、カラオケ☆バトル

2017年3月29日に放送された、

THEカラオケ☆バトルSP
四天王超えの新星誕生!U-18歌うま甲子園

中元みずきは、当時高校1年生(16歳)で出場しました。

中元みずき(16歳)

中元みずきが選んだ曲は?

MISIAの「DEEPENESS」

大奥の主題歌としても有名な、
少し高校生には大人っぽい、壮大な愛のバラード曲です。

【歌の実績】果たして結果は…!

97.416点という高得点だったものの、
Aブロックから決勝進出とはなりませんでした。

【評価・評判】「苦労人」として好印象を持たれた経歴&人柄

結果としては残念だったものの、

「夢を追いかけ家族で上京!16歳の苦労人シンガーが登場!」

として紹介され、その経歴や人柄に好印象が寄せられました。

中元みずきの紹介VTR

「カラオケ☆バトル」への出場決定を知らされ、思わず涙

中元みずきの紹介VTRでは、

中学生のときに、EXPG(EXILE PROFESSIONAL GYM)の特待生に選出されるも、
歌に専念したい!という理由でEXPGを辞め、自分の信じる道を貫いたこと。

歌に時間を費やすために、通信制の高校に通っていること。

週5日のアルバイトをして自らお金を稼ぎながら、
ボイストレーニングのレッスンを受けていること。

このように、夢に向けて努力を重ねる中元みずきの姿に、多くの好感が寄せられていました。

たしかに「歌手」という道に覚悟がなければ、できない選択だと思います。

これは応援したくなりますね!!!

また、「娘の夢は私の夢」と語り、中元みずきの夢を応援するため、
本人と一緒に上京してきた母と姉の姿も紹介され、そのあたたかい家族の絆も好印象に。

観客席で「カラオケ☆バトル」を見守る母と姉

「いつも応援してくれている家族に恩返しをしたい」

そう中元みずきも語っているように、大きな原動力となっているようです。

【動画】中元みずきの歌の実力とは?

それでは、実際の出演時の様子をご覧ください!

母いわく「だいぶ緊張してて、まぁまぁのでき」とのことですが(苦笑)、
高校1年生のときの、中元みずきの歌声です。

スポンサーリンク

中元みずき、2017年カラオケバトルで優勝逃すも「苦労人」と好印象 まとめ

まだまだ日本で大きな実績は残せていない、中元みずき。

ですが・・・

世界に通用する歌手になりたい

そう2017年の「カラオケ☆バトル」出演時に宣言してから、

2年後の2019年に、ディズニー映画『アナ雪2』のエンディングに見事抜擢され、
夢への大きな1歩を踏み出した、中元みずき。

このチャンスを掴んで、これから歌手として大きく羽ばたいてほしいですね!

これからのご活躍、応援しています!!!

スポンサーリンク